このページの先頭へ戻る
電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら

タスペーサー工法についてリブウェルはあなたの住まいのかかりつけ医を目指します

タスペーサー工法について

スレート屋根の再塗装により、上下左右の重なり部分が塗料で塞がれてしまいます。

塞がれてしまうことにより、屋根材裏側に毛細管現象で吸い上げられた雨水が排出されないことで、 下地材が腐食し、最悪の場合雨漏りの危険性があります。 リブウェルリフォームでは、屋根塗装の際には縁切り部材「タスペーサー」の挿入をお薦めしております。

スレート屋根の構造



1.屋根下地(コンパネ)野地板を貼ります。

2.防水シート(アスファルトルーフィング)を貼ります。

3.屋根材を軒先から1枚ずつ順に釘で打ちつけます。



屋根材を打ちつけた釘が下地(コンパネ)野地板を貫いて、家の天井裏に突き抜けます。




新築後10年程度経過すると屋根材の塗膜が劣化し防水性を失います。

また、波板形状に反ってくることがあり、割れやすくなる要因にもなります。


塗装時に縁切りがされていないと


本来、屋根材表面には雨水排出通気性の確保を目的とした溝がついている。

その元の隙間を、塗り替えする事により塗料で塞いでしまい、屋根材重なり部分から侵入してきた雨水が排出されなくなり、屋根裏面に雨水が浸透し屋根下地の腐食や雨漏りの原因になってしまいます。

そのために、塗り替えをした場合には、元の隙間がある状態にしておかなけらばならないのです。この作業を縁切りといいます。


タスペーサー縁切り工事

タスペーサー縁切り工法は、従来の縁切り工法に比べ、下塗り後に挿入するだけなので、 作業時間が大幅に短縮できます。 また、屋根材のコグチ部の破損がなく、塗装完了後、屋根面をキズ付けたり、足跡をつけてしまうといったことがありませんので、適切な縁切りが可能になります。



  • タスペーサー02挿入図


  • タスペーサー03挿入図

タスペーサー挿入方法



  • 1、下塗り(シーラー、プライマー)











  • 2、タスペーサー挿入



屋根材の縦合せメジから水平方向下部の、15cm位離した左右の箇所に挿入します。



  • 3、中塗り~上塗り











  • 4、塗装完了



タスペーサーの取付費用はどれくらい?

30坪程度の住宅の屋根で、平均で1,000個前後のタスペーサーを使用し、作業時間は1人で1時間~2時間ぐらいで済みます。取り付け費用は3万円~5万円程度の追加になりますが、屋根の塗り替え時には取付されることをお薦めします。

タスペーサーの安全性について

タスペーサーを挿入した箇所の真上や周囲に、通常の作業性で加重がかかっても、 屋根材が割れることはありません。






まずはお気軽にお問い合わせください ご相談お見積もり調査無料 0120-928-222

外壁塗装リフォームキャンペーン 諸経費コミコミ598,000円 シリコン塗装プラン 耐久年数9年~12年

屋根リフォームキャンペーン 諸経費コミコミ198,000円 シリコン塗装プラン 耐久年数9年~12年

ジョイントエンペラーキャンペーン 塗料だけにこだわっていませんか? 外壁塗装の新定番

通話料無料!携帯電話PHSもOK! 営業時間9:00~17:30 0120-928-222

お問い合わせ