このページの先頭へ戻る
電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら

塗料の塗り方リブウェルはあなたの住まいのかかりつけ医を目指します

塗料の塗り方

吹き付け工法

吹き付け工法とは、大きな霧吹きみたいな機械をセットして、外壁に吹き付けをする工法です。音も大きく、大掛かりな作業のため、「工事金額が高そう・・・」と思われがちですが、手塗りのハケやローラーに比べて一気に塗れるので早く綺麗に塗れます。手塗りのハケやローラーだと、どうしても塗った感じが出てしまいますが、吹き付け工法だと均一に塗料がのるので仕上がりがとても美しくなります。
吹き付け工法は、スプレーのように小さな穴から噴射するので、塗料を水やシンナーでかなり希釈して使います。

ローラーで手塗りした場合に比べて塗布量が少なくなりがちなので、塗料の本来の性能が発揮できるよう丁寧に施工します。
また、塗料が拡散するので、近隣の建物などにも塗料がつかないように、周りに迷惑がかからないような配慮が必要です。

ローラー工法

ローラー工法とは、原液に近い状態で職人さんが手塗りする工法です。
環境問題や騒音対策から、最近では、ローラー工法で施工する現場が増えています。手間はかかりますが、しっかり分厚い膜厚ができるので、吹き付けより耐久性が高いです。
ローラー工法は、使用するローラーの違いから、ウールローラーと砂骨ローラーと2種類があります。
ウールローラーが一般的には使われていますが、傷みのひどい場合やとにかく強い塗膜にする場合は、砂骨ローラー(マスティックローラー)という最も厚膜を作れるローラーを使います。


まずはお気軽にお問い合わせください ご相談お見積もり調査無料 0120-928-222

外壁塗装リフォームキャンペーン 諸経費コミコミ598,000円 シリコン塗装プラン 耐久年数9年~12年

ジョイントエンペラーキャンペーン 塗料だけにこだわっていませんか? 外壁塗装の新定番

通話料無料!携帯電話PHSもOK! 営業時間9:00~17:30 0120-928-222

お問い合わせ